宇宙船はなぜ動いているのか?

無限なるエネルギーの真実



トーラスエネルギー を知るには、

永遠なる無限性 を理解する必要がある。










宇宙船 は、

停滞する事 が、

あり得ない。







止まって見える時も、

常に 動的 な状態をキープしてる。










動き続ける事







それが 宇宙船 の性質で、

航行 の要になってる。










無限の宇宙 には、

目指してる方向 がある。








その方向は

いのちの喜び魂の幸せ



に基づいてる。












宇宙船 は、


いのちの喜び に向かって、

進んでいく








それが、

宇宙の願い であり、楽しみ。










君は、

宇宙船操縦法方 知りたい?











宇宙船操縦法方 と、


操縦法方 は同じ。











読んでいくうちに、

段々と 理解 できてくる。









少しずつ、

段階的に見ていこう!!









まず最初に、

宇宙船 には、

動き感性 の関係がある。









今の 現実スポーク 状態になって、

の伸縮を繰り返してる。









何かする事 と、


何もしない事 のバランスで、



宇宙船 は動いてる。











宇宙船 とカラダは、


相似型 になってる。






トーラス は、パルス になって、

との連動を続けてる。










だから、


動きっぱなし は疲れるし、


休みすぎ ても動きにくくなる。










動力 は、

いのち を動かす エネルギー










宇宙船動力 を理解するために、

実(じつ) の正体を知ろう。









実(じつ) とは何か?







実(じつ) は、

真実 の事








真(まこと)の 果実










実(じつ) は、



あるようでない 現実虚像 を、

スポーク状態 で投影してる。







すべては であり、 である。









宇宙船 は、

木の実気のまま

自由 に動くようになってる。











木の実気のまま 状態が、




オートメーション機能 を起動させる。











にある 源動力 は、

自分では動かしていない。










木の実気のまま 状態に入ると、

源動力 と同調する事が可能になる。











宇宙船 は、

無限の エネルギー を使って、



動力 を機能させてる。











動的 な事が、

宇宙船 の在り方。










動的 である事は、

壮大な 宇宙の願い










全宇宙 との 呼応 なくしては、

実(じつ) を理解できない。









いのち は、

目に見えない世界 から動かしてる。






それは、無意識 の領域。






鼓動や脈、

波、リズム、


すべての リズム は、







目に見えない世界 からの、

響き であり 振動












響き振動 に、

すべてが作り出されてる。











振動共振共鳴 が、

宇宙 を成り立たせてる。










目に見えないエネルギー なくしては、

宇宙 の均衡は維持できない。









動力 は、

いのちの願い








宇宙船 は、

お尻を叩く事で動いてない。









いのちの喜び からくる 衝撃波 が、

トーラスエネルギー






衝撃波 は、情熱 でもある。










情熱 を宿した 実(じつ) が、

エネルギーポイント になり、



無限無限 に動かす。








無限性 を動かしてるのは、

トーラスエネルギー !!!








それが 真実 である事を、

理解しよう。









トーラスエネルギー にして、


自分の 存在 も、


宇宙 も、


無限 に動いてる。




動的 である事が、動力 の真実。

【重力】 自由自在