⑯ 毎日焦りを感じて生きてる気がする

現実にわずらわされたくない



進化 は、

内側 から起こる。






サナギが蝶になる様に、

人間も、

の内側から、

本当の自分 が生まれてくる。







本来人は、

制限 のない世界で生きる事を望む。





あれをしてはいけない

これをしてはいけない




人に言われた事を気にして、

自分に 制限 をかけていく。





制限 は、

例外なく 自分自心 が作ってる。




制限 の中で生きる事は、

幸せ じゃない。







の底から本当に 幸せ か、

豊かさ を感じているか、



安心感や、

温もりを、

今の自分に感じるかな?






人によっては、

制限幸せ に思う。



決められた事を、

決められた範囲でやる方が無難。






親に言われた通りに生きてきた人、

周りに褒められて育った人は、

そうなる。





言われた事をやれば、

問題 は起きない。








自主性 を失い

与えられた範囲を生きる事は、

奴隷 であり、

ロボット的な人生。








自由 になって、

好き な事をやって、

好き に囲まれて生きた方が、

心の底から 幸せ を感じる人生になる。








他人と自分を 比較 して、

優越感 に浸る事は、

人生を 虚しく させる。








外側 で作る基準は、

もろく崩れやすい。







外側 から得た 自尊心 は、偽物。






依存的 な生き方を抜ける事が、

必要不可欠。








褒められて育った人間は、

自分を褒めない人間に 怒り を感じる様になる。




制限 の中で生きる事、

安全確保 を望む生き方は、

外側 の脅威に怯え続ける事になる。




心配不安 には正体がある。





それは、

赤ちゃんが 使う 歩行器

海で使う ライフジャケット





恐れ の仕組みが理解できた人は、

安全装置 を外しても、

自由 に生きる事ができる。







恐怖 は、

安全装置 になってる。






あるがままの自分 を生きるには、

安全装置 を外す必要がある。





の奥深くまで潜るには、

ライフジャケット を外せばいい。





恐れ変容 をマスターすれば、

お金 も、人間関係 も、

すべてを、

自由好転 させる事ができる 。







もう間も無く、

何かに しがみつく 必要が無くなる。






執着 は、

自分の目を曇らせる。




執着 すると、

自分の 幸せ が分からなくなる。






人が与えるもので、

満足感 を得る必要はない。





誰かに 幸せ にしてもらう事を 期待 するより、

自分の を柔軟に生きた方が、

自由 に生きれる。




進化 は、内側 から起こる。



その エネルギー の渦を、感じよう。



重力