見たい世界に想いを馳せる



想像 の 本質 は、

もうすでに在るという事。




自分に 想像 できる、

見たい世界。



実は、それ、

もうすでにあるもの。





宇宙 から届く 愛図

設計図 である。





いつだって、

どうすればいいかの 答え は、

どうなったら嬉しいか に存在する。




あなたの 希望 は、

宇宙 の 願いそのもの。





全力で頼って、

自分は受け取るだけでいい。





コントロール や 支配 は、

不足感 や 疑い から生まれてくる。






無くなる と思うから、

確保 する癖が付く。





無限を信じてない = 自分を信じてない




意識 の中で、

誰かに奪われる 概念 を作ってしまう。







奪われる 概念 が消えない限り、

戦い を終わらせる 戦い は、

いつまでたっても、終わらない。






殺される

傷つく

虐待する、される

奪われる

やり返される




どんな事象にも、

心の中に 原因 が潜んでる。






不安 、不足 の概念によって、

土地やお金を 奪われる 無くなる

という概念が生まれる。






心配 して 執着 する原因には、

足りない という意識がある。







これからやる事は、

どうなったら 嬉しいか を

イマジネーション し、

それに沿って 現実 を体験していくだけ。






自分の願い は 宇宙の願い とイコール


全ては、

当たり前に叶う。






どんなことがあったとしても、

より素晴らしい GIFT が、

自分自身に贈られ続ける様になってる。







何も考えず、

湧き上がる 心の情熱 で動けばいい。





不安 も

安心 も

表裏一体





まだ起きていないことは、

どちらからでも、

作れるという事。





不安 や 心配 に想いを馳せ、

その源で作られた起きて欲しくない 現実 を、

体験するか



安心 や 喜び 、

信頼 をもとに想いを馳せ、

その源で作られた起きてほしい 現実 を

体験するのか、






常にあなたは今、

選ぶ事が出来る。







想像力 や イマジネーション の、

使い方を知って、

得たい体験をしよう。





愛図 は、いつも

どんなときも、

贈られてくる。






感じること。




振動 を通して伝わり、

愛 は、響いてる。







愛 を受け取り、

願い に想いを馳せる



そして、全てを


想いのままに。