押し付けられるのが嫌

「やってあげた」は 交換条件 で生きてる証

誰かに好意を持って何かをしてあげた時、お礼の言葉 が無かったり、当たり前の様な態度を取られると、嫌だよね?

 

 

「せっかくやってあげたのに」とか、「あなたのためを思ってやったのに」とぼくも怒りが湧く事がある。

 

でも、それは 見返りを求めた行動 なんだって。

 

 

 

自分を認めて欲しい自分を評価されたい と思っている状態なんだ。

 

 

 

 

満たされない時の人は、「交換条件」をベースに生きる事にな

 

 

 

自分が嫌な思いをしない様に 損得勘定 の計算が得意になるんだ。

 

 

 

 

それじゃあ本当の安心や幸せに辿り着けないかもしれない。

 

 

 

 

 

本当に満たされている人って、もうすでに幸せで満ち溢れているから、分かち合う事が喜びになるんだって!! 知ってた?

 

 

好きな相手に何かを出来るだけで、もう充分に幸せを感じられるんだ。幸せだねぇ。

 

 

 

 

 

交換条件を人に押し付ける時は、自分が幸せを感じていない

 

雇ってやってる 働いてやってる 
学校に行かせてやってる メシを食わせてやってる 
私が面倒を見てる

 

これは、自己受容を相手に強要する考えなんだ。

 

 

 

 

 

交換条件」に生きると、エネルギーが循環しなくて不健康になってしまう。

 

 

元気じゃなくなっていくんだ。

 

 

 

 

 

 

嫌」な事はやらなければいいと、ぼくは思うんだ

 

 

 

自分が嫌な事をやってると、相手にも我慢を強要するかもしれない。

苦しみからは、「怒り」ではなく「希望」を生み出す事が大切だとぼくは思ってる

 

 

 

 

交換条件よりも、無条件の愛から生きてみよう

 

そうすれば、見える世界が変わっていくよ。

 

 

 

 

 

 

条件」をつけたくなる事には、ちゃんと原因があるんだ

 

それは、相手に条件をつける前段階で、自分に条件をつけている。

 

 

 

 

これができない自分はダメあれができない自分はダメ 

 

 

自分を「条件」で縛ると、人が好き勝手に生きる事を許せなくなっていく。

 

 

 

 

自分の「自由」を解き放とう!! 受容する事は「愛」なんだ!!! 

 

自分の心を受け入れる。 そうすれば「愛」に変わるよ。

 

  

 

 

人を許せない時は、そんな自分を許そう

 

人に怒る人は、怒っている自分を癒そう

 

 

 

恐れや不安を「源」に生きるよりも、最幸に良い出来事を「源」に生きよう

 

いつも自分の基準に戻って、自分の人生を作ってみてね







【pure soul の部屋へ帰る】
http://ami41.com/2020/03/24/puresoul/