⑦ 自分は死んだら終わってしまうのか?

じゃあ、
何で自分は生きるんやろう?

すべての存在が、

目に見えない世界 からやってきてる。






今回は、

すべての存在が、

星の王子さま という事を話すわな!






に作られた本や映画は面白い。






作者が秘めたメッセージを、

自分なりに感じていくのは最高やで!!

 

 

 

 

星の王子さまのはじまりは、

帽子が出てくるシーン






蛇に飲み込まれた象」

を絵に描くんやけど、



みんなには、

「帽子にしか見えへん」って言われる。









それは、

目に見えるものに囚われる事

と、

想像力のある世界


の違いを表現してる。





想像は、

無限の世界を描く事が出来るで!!






物事を見る 感性 の話は、

もの凄く大事な話。

 

 

 

 

 

ちなみに俺の見え方は、

「銀河を横から見た状態」って言うかな。

 

こういう感じ

 

 




次は、

羊の絵を描くシーン

 

王子に頼まれて、

どうにか羊の絵を描くんやけど、

王子は納得してくれない。

 




最終的な落とし所は、

目に見えない箱 を書く事。





それぞれに 感性 の違いがあるから、


ここでも 感性 の話をしてる。






今の 現実世界 も、

この話と同じ様にできてるで!!









人によって物事の感じ方は違う





だから、

自分の思ってる事を 説明 したり、

自分を 正当化 しなくてもいい。








目に見えない世界 は繋がってるから、

自然と通じ合えるねん。








人間は、

自分を 否定された と感じたり、

自分を 悪く思われた 時、

意思疎通 で、

何とか 説明 しようとする。







主観的 に作られてるこの世界では、

相手を 説得 したり、

無理して人に 合わせる 必要がない!!







目に見える世界 では、

制限 がかかるねん。






相手を 説得 しなくても、

本当の気持ち は自然に伝わる。






目に見えない世界から、

無限の想像が可能やで!!







箱の中の「羊」がどうなってるかは、

見た人の 想像力 で、

見える物語が変わる。








今この 現実世界 も同じで、

人の 意識 によって、

見える世界 が変化する。









君は、

どんな 想像性 を活かしたい?






原因を 外側 に置いてる人や、

攻撃性 のある想像をする人もいる。




フラストレーション の原因は、

外側 からかかった圧力。






厳密には、

自分が自分を締め付けてる。






目に見えない世界想像 する事は、

現実 に現れる








恐れ を源に生きた場合、

現実では恐れが事象化する。






だから、

嫌な事我慢 する人生


自分と 繋がれない 人生は卒業しよう。








フラストレーション を埋める為に、

穴埋め する 人生 は楽しくない。










それよりも、

目に見えない世界 を味方にして生きよう!!





人を決めつける人は、


人に言われた事で自分を決めてる。




自分を 正当化 する必要はない。





人に言われた事 で、

自分を決めつけなくていいよ!!





自分の事は、

自分しか分からんから。





失う 事を心配して準備すよりも、

信頼 して自分の未来に協力しよう。









恐れ に準備するよりも、

喜び に味方する。






恐れ で大事な事は、

恐れから自分の 希望 を見つける事やで!










王子の惑星では、

薔薇バオバブ が、

象徴的に描かれてる。







薔薇は

ワガママ放題、

「あれしてほしい」

「これしてほしい」

王子にいっぱいお願いするんやけど、

それが苦しくなって、

王子は星を逃げ出す。

 

 


今の世界でも、

ご飯を作りたくない人

家に帰りたくない人

勉強するのが嫌な人

会社に行きたく無い人

人生から逃げたい人




色んな人がおるけど、

大事なのは、

自分の 希望 を見つける事!!





作者にとっての薔薇は、

どんな存在やったんやろうね?





最後に王子は、

薔薇の元へ帰ろうとする。





薔薇が 愛しくて 星に戻ったのか、

罪悪感 で引き返したのかは、



見てる人の 想像力 次第。







罪悪感 の罪滅ぼしなのか、

唯一無二の を感じたのか、、、




君なら、どんな 選択 をする?





王子の星は狭い。

王子はバオバブを片付けるのが大変そう。



掃除したり、

片付けするのって大変やんな。




大事なのは、

自分がどのように暮らしたら嬉しいか。




理想の環境 で自分を大事にするねん。








な経験からも、

自分の 理想 を見つける事ができる。

 

 

 

  

 

星の王子さま」には、

目に見えないもの が、

いっぱい出てくる。








体と魂が離れる や、

友情




空気や音もそうやけど、

この世界には、

目に見えないもの がいっぱいある。






人には、

現実逃避 したくなるくらい、

嫌な事 だってある。






のエネルギーが、

自分の 希望 を生み出す事にもなる。






の中には がある。






人の心の中にある


うぬぼれる 傲慢になる

同じ事を繰り返す

お金と時間に縛られて生きる人生

現実逃避

お酒に溺れる





 

こういう風に なりたくない という、

な気持ちからも、

自分の 理想 を明確にできる。







人生は、

どこから進んでも、

希望 に向かう様に出来てる。








今の世の中にも、

覚醒剤

洗脳

犯罪

戦争

色んな問題が見える。






映画やドラマであっても、

自分が と感じる要素から、

自分の 希望 を見つける事ができる。







自分が と感じる事象には、

自分の 理想 が隠れてるねん。








人の生き方を変えようとしたり、

現実と戦う必要はない。





自分や誰かを罰しても、

何も変わらん。






現実を 変容 するには、

自分の 意識変容 すればいい。

 

 

 

1番大事な事は、


この世界で、

いのち より大切なものは存在しない

という事。






いのちそのものが、

愛で作られてる。

 

 

「思考が現実化する」は、

実は、大間違い。



引き寄せの法則は、勘違いの法則。





今すぐ心臓止めて!!」って、

お願いしても現実化しないやろ?






強く思考しても、

死んだ人を生き返せたり、

時間を戻す事はできない。




地球の回転を止める事はできないし、

1粒の種を、

大きな樹にする事もできない。

 

 

時間と空間がこの宇宙に存在してる事には、

ちゃんと意味があるねん。







その 秘密 は、

InitiationSchool に来た人に、

詳しく話す。







とにかく、

強く願う必要はないし、

思う強さで 現実 は作られてないねん。







だから、

平和を祈って も意味がない



幸せ に生きればいいねん。






想像 を起こす が、

ある場所に存在してる。





そこから、

急に空が晴れさせたり、

不思議な現象が起こせる。




キセキは、

が起こす 愛図 やねん。







この世界には、

コントロール できるものが、

存在しない。






コントロール できるものは、

何1つ存在しない。






目に見えない領域と目に見える領域は、

常に「共同想像」してる。







なことを 我慢 したり、

自分を 犠牲 にしたらあかん。








自分の幸せを 否定 して、

誰かを幸せにしようとする人は、


自分を 幸せ にできない。







自己否定自己犠牲 を続けるよりも、

本当に 心から望む幸せ に味方しよう!!!







それをみんな知ってるから、

「星の王子さま」の中にある、

目に見えない重力 に惹かれる







独特な重力は、

人を惹きつけ魅了する。




「大切なものは目に見えないんだ」

 

 

いつでも、

自分の 感じる 選択を優先すればいい。




間違えてもいいやん。





間違い遠回り は、

実は 最短ルート を通るで!!




制限のない広い世界で、

自由 に生きればいい。





自由 に生きるコツは、

人の為 に生きない事

 

押し付けられるのが嫌

重力