誰も知らない自信の持ち方

自信をつけて人生を楽しむ極意

地球上には、自分のやった事を「基準」に認められようとする人が多い。

 

それでは、「自信」が付かない。 

 

 

何より「自信」は付けるものじゃないんだ。

 

 

 

今、カウンセリング心理学では、「自己承認」と言う言葉が使われるんだけど、実は「自己承認」は間違いなんだ。

 

 

まず「自分を承認する」と言う順番では、入り口が「ダメ」とか、「出来ない」とか、「未熟」焦点を置いてしまう事で効果逆効果になってしまう。

 

 

 

目に見える「やった事」評価を得ても、それは「手伝いしたからお金ちょうだい」とか、「何かしたから偉い」と、行動ベースの評価になってしまう。

 

 

 

 
宇宙心理学を通して教えてる事なんだけど、

行動にはちゃんとした目的」があるんだ。

 

 

 

その順番を間違えると頑張り続ける人生が続く事になる。

 

 

 

頑張り続けても疲れてしまうからだよね。

 

 

 

「やった事」を基準に自分を褒めたり、誰かに褒めてもらう事で「逆効果の習慣」が身に着いて、やがては落とし穴にハマってしまう。

 

 

 

「何もしていない自分」や「何もしない人」には価値がないと言う思い込みが出来てしまうんだ。

 

 

親が邪魔になって介護施設に入れたり、育児放棄して児童養護施設に子どもを置いてきたり、何もできないパートナーをを責めたり。

 

 

 

 

嫌な事を続けながら幸せを感じることができると思う?

何もできない自分」を責めずにいられる?

 

 

 

 

自然界では、「あるがまま」に存在する事が調和的な生き方なんだ。

何かにあらがう必要はないんだよ。

 

 

花は花である事、風は風である事をまっとうするだけ。

 

 

 

不自然に水をせき止めてダムにする事で「海」もどんどん汚れてしまうんだ。

 

 
全ての水を開放して流し続けたら、自動的に海はキレイになって水は循環し続けるんだよ♪

 

 

 

人は、不安や恐怖から溜め込んだり、「執着」してしまう。

執着にも理由があるんだけど、それは魔法学校の中で伝えるね♪

 

 

 

 

話はそれるけど、肉や魚だって人間が食べるものではないんだ。

 

 
自然界循環の中で、草食動物肉食動物捕食され、やがてとなり循環していく。

 

 

 

この世界は循環でできているんだ。

 

 

 

「出来ない自分」責める必要はない

出来ない事は誰かがやってくれる事で、自分がやらなくていい事なんだ♪

 

 

 

 

大きな流れに身をゆだねて生きる事で、自然と「自信」は育まれていく。

 

 

自分の芯(しん)が安定するから、「自信(自芯)」なんだよ!!






【pure soul の部屋へ帰る】
http://ami41.com/2020/03/24/puresoul/