② 大切な人が自分から離れると思うと怖い

これ以上、大事な物を失いたくない



生きる意味を知りたい。


そう真剣に考えてる人は、

この地球にどれくらいいるかな。







何かを「失う」時に、



人は「大切なもの」に気付くって



言う人がいるけど、





俺はそう思わない。










本当は、

失う前から、



自分の大事なものなんてわかりきってる。









「大切なもの」が何なのか、



分からないくらい、




自分の いのち を後回しにして生きてるから、


そうなる。








「失う」痛みがないと、



「大切なもの」に気付く事が出来ない事はない。









限られた だから、



限られた 時間 だから、




大切なわけじゃない。









少しの毒で、

人が急に死ぬことはないけれど、







さらに違和感を無視して




毒を飲み続けると、




いつかもっと大きい





「痛み」をともなった 現実 が現れる。








それじゃ遅い。







大きい「痛み」になる前に、






より丁寧に、






自分の



身体






そして、








小さな痛みにも気付ける、




幸せの舵取り ができるようになった方が、




絶対にいい。










今、世の中にある




精神病 や 鬱 の原因は「心」にある。








精神病や鬱も、



「痛みシグナル」の1つ。









人と関わりたくなくて、



鬱 や 病み(闇) を使う人がいるけど、








本当は、



自分との関わり方が分からなくて、




怖いだけ。








恐怖 を抱えた人は、



自分と関わる事から逃げてる状態にある。











自分との関わり方が分からないから、



人との関わりが「怖く」なる。










本当の は、



外側からの影響を受けない領域に存在するけど、







リアリティ を感じるように






この世界が作られているから








怖さ を、

リアルに感じる様になってる。









実は、その恐怖





ほんとは大事な「安全装置」。












自分の進む方向がわかる様に、




恐怖 が存在してる。







そうは思えない?







じゃあ、例えばの話。





いきなり目の前にライオンがいたら、



「恐怖」を感じずにはいられない。







もし、怖いと感じずにライオンに近づいたら、

「ガブッ!!!」とされ、



終わる。










たまたま、





満腹とゆうラッキーがおきる場合もあるけど、








だいたい、

「怖い」と感じる。










東京タワーの頂上から、



何も掴まずに下を見ると、



落ちるような気がして「怖い」









それ以上近づかなくていいよ!!





やらなくていいよ!!








恐怖 は、



大事な「センサー」になってる。








恐怖 のおかげで、



「嫌」なもの、



「近づきたくない」ものが、




ちゃんと分かるようになってる。









これって、

素晴らしい「センサー」







是非、




この 恐怖センサー を活用してほしい。








嫌な人には近付かない。




嫌な事には関わらない。








どうか、




自分を麻痺させ、




痛みに鈍感にならないで。






恐怖 に強くならないで。








「生きる意味」を考える上で、




伝えたい事がある。









それは、

地球に存在する




すべての存在が、








自ら望んで、




この星に生まれてきてると言う事。






障がいを持つ人も、



幼くして地球を去る魂も、





すべてが例外なく



宇宙 の壮大な意図から生まれてきてる。







みんな死ぬのは 「怖い」







だから本当は、、

生きたいって事。









恐怖センサー が作動するって事は、



それはしなくていい事。








いのちの意図 は、



宇宙直結の 魔法 で、




惜しみなく





みんなを守ってくれる。











大きな意図と





小さな意図は、






必ず、繋がってる。









自分を大事にすると、


すべてが大事にされる世界に変わる。







自分の望む人生を生き、



「生きる意味」が見えてくる。









君の知りたい答えは、


「望み」の中に広がってる。








やりたい事以外に、

やるべき事はない。






俺は、

いつもそう思う。

もう絶対に、嫌な事を我慢したくない

重力